バレーボールのレシーバーの役目とは?

バレーボールのレシーバーの役目とは?

バレーボールのレシーバーには、得点を作るためのチャンスボールを作るという重要な役目があります。
試合中には、ボールがどの位置にくるかを常に予測し、いち早くボールの来る位置に入らなくてはなりません。
相手の攻撃によっては、ボールに飛び込んでいかなくてはいけないこともあるでしょう。
レシーバーはボールを受け、確実にセッターにつながなくてはいけない責任重大なポジションです。
ピンチを救うのはレシーバーと言われる程ですので、かなり度胸のいるポジションだと言えるでしょう。
また、レシーバーは、ブロックの指示を出すポジションでもあります。
レシーバーは的確なブロックの指示を出せるように、常にコートの後方でチームの様子や相手の攻撃をしっかりと見ながらプレイに望まなくてはいけません。
そのためにも、レシーバーはブロッカーとの信頼関係が必要になってきます。
レシーバーとブロッカーの信頼関係ができると、ブロッカーも自分のブロックに集中することができ、強いチームを作ることができるのではないでしょうか。
レシーバーは、レシーブだけを専門に行うポジションだと思っている人も多いことでしょう。
しかし、レシーバーは基本的にはレシーブをしますが、サーブを打つこともありますし、トスを上げることもあるのです。
レシーバーは色々なポジションのことを理解し、的確な判断力や行動力、技術力を磨く必要があるかもしれません。
チームを強くするためには、レシーバーが要となるでしょう。

関連ページ

バレーボールのセッターの役目とは?
バレーボールは、数あるスポーツの中でも人気の種目です。ルールやポジションをしっかり覚えて楽しみましょう。このサイトでは、バレーボールの基本的な知識やテクニック、上達のコツなどを紹介しています。
バレーボールのセンターの役目とは?
バレーボールは、数あるスポーツの中でも人気の種目です。ルールやポジションをしっかり覚えて楽しみましょう。このサイトでは、バレーボールの基本的な知識やテクニック、上達のコツなどを紹介しています。