バレーボールの基礎知識とテクニック

打ち方とテクニック記事一覧

バレーボールのサーブの種類って?

バレーボールのサーブは、何種類もあります。アンダーハンドサーブ、フローターサーブやジャンピングフローターサーブ、サイドサーブやジャンプサーブなどが主なサーブです。アンダーハンドサーブは、失敗する確率の低い安定したサーブですが、その反面、勢いが付きにくくサービスエースにはなりにくいという欠点も持ってい...

≫続きを読む

 

バレーボールの基本的なサーブの打ち方とは?

バレーボールの基本的なサーブといえば、アンダーハンドサーブではないでしょうか。アンダーハンドサーブの打ち方は、片手にボールを持ち、腕を前方のやや下の方に伸ばし、ボールを持った方の足を前にだします。この時に重心を下半身にもっていき、軽く膝を曲げるようにするのがコツですよ。構えの体勢がとれたら、この状態...

≫続きを読む

 

バレーボールのトスの種類って?

トスとはレシーブの次に続く動作で、主にセッターによってアタッカーに向けて上げられます。一口に「トス」と言っても、様々な種類があるので、状況に応じて使い分ける必要があります。直上トス・・・すべてのトスの基本となるトスです。オーバーハンドパスと構えは同じで、額の上付近から真上にトスを上げます。オープント...

≫続きを読む

 

バレーボールの基本的なトスの上げ方とは?

レシーバーが返球したボールをアタッカーに繋ぐトスを上げるのが、セッターの役割です。セッターに求められる能力は、冷静かつ的確な判断能力や、チームをまとめる司令塔となる力ですが、一番大切なのは、やはり、正確なトスを上げることが出来る技術でしょう。単調なトスを上げるだけでは、アタッカーの攻撃も単調になって...

≫続きを読む

 

バレーボールのパスの種類って?

バレーボールの基本となるパスの種類には、アンダーハンドパスとオーバーハンドパスが挙げられます。まず、オーバーハンドパスとは、比較的高めのボールを返したり、高めのパスを出したりする時に使われるパスです。特に、セッターが使っているパスなのですが、セッター以外の人でも上手にパスが出せるようになると、チーム...

≫続きを読む

 

バレーボールの基本的なパスの打ち方とは?

バレーボールはパスから始まって、パスで終わるようなスポーツだと言われるくらい、バレーボールにおいてパスはとても大切な役割を果たしています。どんなに優秀なアタッカーやセッターがいたとしても、試合中にボールを回せなければ得点には結びつかないでしょう。まず、相手からの返球を腰よりも低い位置で受ける際には、...

≫続きを読む

 

バレーボールのブロックのやり方、種類って?

ブロックとは、前衛のプレイヤーが両手を挙げてジャンプし、相手のスパイク攻撃を遮断するプレーです。ブロックを行う際には、タッチネットやブロックしたボールが味方のコートに入ってしまわないよう、ネットから適度に距離をおくことが大切です。また、ブロックする両腕を広げ過ぎると、ボールがその間を抜く可能性があり...

≫続きを読む

 

バレーボールのスパイクの打ち方、種類って?

バレーボールの試合の中で、最も得点に結びつくプレーがスパイクです。スパイクの基本的な打ち方は、トスが上がるタイミングに合わせて全身のバネを使いながら高くジャンプし、身体を弓のようにしならせながら全体重を乗せる感じでボールを強く叩くようにします。この際、トスが上がる位置を的確に予測することが大切です。...

≫続きを読む